亀岡文殊堂詩歌百首(3)■
◆浅茅露重    名にしおふ浅茅か露は浅からて
なひくはかりに見ゆる暮かな
長朝
◆蘭香薫枕    暮るゝ野の枕にかほるふちはかま
           ことしも秋やきてかへるらん
                       忠廣
◆荻聲驚夢    轉寝の枕の夢はおきの葉の
聲よりさめて秋はきにけり
綱秀
◆夜鹿      夜聴鹿鳴頻断魂  翠微深處数聲喧
           呦々呼友鏖孤枕  懶似巴山暮雨猿
                              玄劉
◆雲間雁     あけほのゝ空より聲の先おちて
雲まにみゆる雁の被一つら
忠廣
◆槿花      忽見槿榮秋思加  朝開暮落小籬笆
          凄々風露半窓外  纔保紅顔一日花
                              秀定          
◆翫月      秋天雲盡太堪憐  唫倚欄干月色鮮
三五夜中人不寝  家々醉賞一簾前
秀定
◆三日月     かけはまたほのかにみかの月なから
           秋とはしるきひかりなりけり
                           実頼
◆駒迎      もち月の影澄のほる相坂の
 關路の駒や今ひきぬらむ
富隆
◆九月十三夜   残る夜をおもへはいとゝ惜しまるゝ
            名たかき月の明方のそら
                           其阿
◆搗衣聲幽    天涯行客豈消憂  半夜霜風碪韵幽
閨月明時多搗恨  漢宮遠報一簾秋
        朝清
◆蟲聲悲     えらひつゝこよひや野邊の枕せむ
           こゝらのむしの聲にひかれて
                          綱忠
◆菊花      菊逢秋日露香奇  白々紅々華満枝
好把西施舊脂粉  淡粧濃抹上東籬
兼続
◆雨夜紅葉    停車坐愛夕陽前  紅葉翩々雨後天
           樹々半晴如濯錦  呉江秋色自西川
                               秀定
◆初時雨     きのふけふ雲のけしきそかはりける
しくれや冬をさそひきぬらむ
秀光
◆落葉      夜臥巖房夢易驚  満山落葉似秋鳴
          辭枝片々隨風去  便向林間作雨聲
                              玄劉
◆枯野      春はもえ秋は花さく色かへて
 かるゝ野中の霜の下草
朝秀
◆寒庭霜     枯のこるすゝきをしなみをく霜の
          ふかきあさけの庭のさむけさ
                        能元
◆閨上霰     ねやの戸はあとも枕も風ふれて
あられよこきり夜や更けぬらん
利貞
◆夜千鳥     わか影を妻としたひて夜もすから
          月の入江に千鳥啼なり
                         長朝





奉納詩歌百首     


文人兼続TOPへ

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO