亀岡文殊堂詩歌百首(4)■
◆松雪      孤松吹雪倚岩檐  一夜枝頭白髪添
睡起朝来開箔見  灞橋詩思在蒼髯
兼続
◆氷上雪     ふりぬれとたまらさりしも汀より
          氷れはみゆる雪の一村
                       氏秀
◆濱寒蘆     吹とをる濱風さえてほのほのと
 霜のはなちる芦の一むら
綱忠
◆月前神楽    萬代はかねてしらるゝ時なれや
           月に聲すむ里の夜神楽
                          元忠
◆暮鷹狩     山陰のくるゝ片野の鷹人は
かへさもさらに袖のしら雪
利貞
◆深山炭竈    住人のありともしらぬおく山に
           のほるけむりや炭をやくらん
                         実頼
◆閑居爐火    閑居寂々飽看■  爐火煎茶當晩飡
雲自為庵巖自壁  手焼榾柮忘残寒
元貞
◆仏名      唱へぬるほとけの御名はともし火の
          かけふけつゝもこえそのこれる
                            信能
◆除夜      鳥鐘のこゑきくまてとともし火の
 かけにたく香そ空にみちぬる
 綱忠
◆末通詞恋    曳見ぬもさすかなりとは忍ふ身も
          おもひあまりてをくる玉章
                         其阿
◆逢恋      風花雪月不關情  邂逅相逢慰此生
私語今宵別無事  共修河誓又山盟
兼続
◆後朝恋     掣電合歓終作寃  何圖今夜得君恩
           断腸告別五更後  月白板橋霜一痕
                                元貞
◆未契恋     年少風流甲世間  僉言容兒貴妃顔
           蒙塵獨道當時夏  比翼連枝可不攀
                                宗繁
◆来不留恋    夢に来てうつゝにかへる面かけの
            のこるかひなき閨のうち哉
                           長朝
                                                 ◆隠在所恋     さよふかくしのひきぬれはきゝなれぬ
こゑうちたてゝその人はなし
家能
◆絶後驚恋    なかなかに思ひたえにし夕暮を
           又おとろかすふみのつてかな
                            隠其
◆片思      幾ゆふへわかまことをやねやの戸に
          たちふかせとも人はつれなき
                           信能
◆老後恋     思あまりまことならさる夢をさへ
           かたりいてぬる老のあわれさ
                          氏秀
◆待恋      欄干倚遍鬢皤然  有約無来漏刻還
          虚跫悩人眠不得  風揺松竹一簾前
                             玄劉





奉納詩歌百首     


文人兼続TOPへ

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO