亀岡文殊堂詩歌百首(1)■
◆元日     楊柳其賓花主人  屠蘇挙盃視元辰
迎新送旧換桃符  萬戸千門一様春
兼続
◆立春     雪ふかくふりにしさとに春たつと
          あけはのかすむみよしのゝ山 
                      綱秀
◆兼待子日   袖はへてひく野に松をのこしつゝ
   又来む春の子日をぞまつ    
富隆
◆霞隔行舟   煙波渺々日融々  霞隔行舟興已濃
          無数帰帆看不見  櫓聲却在夕霏中
                             秀定  
◆雲中鶯    山さとの道かすかなる雪の中に
春をしらする鶯の聲
秀景
◆蛙啼苗代   ところところ小草花さく春のひの
          なはしろ水にかはつ啼なり
                       秀光
◆梅有遅速   わか宿の一木の梅も日のうつる
みなみの枝やまつさきぬらむ  
能元
◆獨摘若菜   たちよれは澤邊にうつる水影を
          友となしつゝ若菜摘也
                       忠廣
◆行路柳    隨風帯雨日顚狂  楊柳枝々行路傍
若是有情應繋別  絲来纔去一春恾
◆蕨未遍    朝日さす嶺のつゝきの雪消て
          ところところにもゆるさわらひ
                      隠其
◆帰雁     帰鴈聲々只懶聞  月明影落数行群
瀟湘何事背春去  飛入塞天萬里雲
朝清
◆華未開    あらたまの春たつ日より咲ぬやと
          またるゝそのゝ花はいつ見む
                        長賢
◆華盛     處々華開烟雨中  遊人携杖悩東風
春来忽以陽和力  開盡枝頭爛漫紅
朝清
◆欲散花    咲花もやゝ色ふかく成ぬれは
          空ゆく風の音もうらめし
                      長朝
◆故郷桃花   たちかへり又すむ春のふるさとに
桃さくはかりむかし成けり
 信能
◆松上藤    百尺藤纏萬丈松  緑陰深處影猶濃
          花開千紫垂纓絡  終伴蒼髯共化龍
                            元貞
◆折款冬    一えたは手折てもみむ散花の
春のかたみに残るやまふき
其阿
◆樵路躑躅   山柴に岩根のつゝしかりこめて
          花をきこりのおひ帰る道
                       利貞
◆杜若寫水   なかれゆくさはへの水にかけみへて
そこにもさけるかきつはたかな
家能
◆春月      朦朧春月半西残  起捲簾成秋色看
          一鏡晴飛出霞後  暁移花影上覧干
                           元貞




奉納詩歌百首     


文人兼続TOPへ

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO