関ケ原異聞

 

あのときなぜ、あの人はあのような行動にでたのか、なにを考えてあのようにしたのか…

歴史の事象を考えていくと、史料だけでは解決できない事柄にぶつかります。

人間が何かことを成す過程において、その動機というのは必ずあるはずで、もしかしたら、ほんの些細なことが原因で、歴史を動かしたこともあったかもしれません。

ここでは関ケ原に関わった武将たちを取り上げ、特にその心情の面から物語風に書き綴ってみたいと思います。こういう方法は、歴史を探求するうえでは、あるいは邪道かもしれません。ですが、あえて試みることによって、過去に生きた人々の人物像を描いてみたいと思います。

したがって、史実とは若干異なる記述、時代考証無視もあるかと思いますが、そこは「物語」ということで、お許し願いたいと思います。

 




■白刃(石田三成之巻)

■雪雫(ゆきしずく) (前田慶次之巻)

■戻れぬ空 (前田利長之巻)

■かけら(番外編・前田慶次之巻)



「春雁抄」トップへ

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO